国の教育ローン 知っておきたい貸付と審査の概要 の記事一覧〔サイトマップ〕



スポンサーリンク


「国の教育ローン」の概要。


国の教育ローン」とは、以前はご存知のように、国民生活金融公庫(国民金融公庫・国金)の取扱いによる長期・固定金利の教育ローンを指していました。


以前なら、世帯の年間収入が990万円以下(事業所得者は770万円以下)ならば、融資の対象となる学校に入学・在学する「子供の保護者」または「本人」が、大学や短大・高校、職業能力開発校や専門学校の学費として、利用することができました。

 


現在の国の教育ローンは、「日本政策金融公庫」の取扱いによる、融資限度額は学生・生徒一人につき350万円まで、返済期間は最長15年の、社会人でも使える固定金利(年1.90%[母子家庭および父子家庭、または世帯年収(所得)200万円(122万円)以下なら年1.50%で、返済期間は最長18年]、平成28年5月10日現在の利率、保証料は別途)の進学ローンです。

融資限度額と返済期間は、平成21年8月3日から共に、制度内容が拡充されています。


平成26年4月1日からは融資限度枠が、これまでの300万円から「350万円」へと拡充されました(海外留学資金としての融資限度枠も、450万円に拡充)。

また平成26年10月1日からは、保証基金の保証料が引き下げられています。


入学金・授業料・受験料などのほか、アパートやマンションの敷金・家賃などの住居費用、さらには通学費用・パソコン購入費・学生の国民年金保険料など、入学および在学において今後一年間に必要となる費用が、融資の対象になります。

学生・生徒一人につき350万円なので、審査が通過すれば長男の大学入学費用と次男の入学費用のそれぞれについて、限度額まで融資を受けることも可能です。



申込は、一年中いつでも行なうことができます。

審査結果は「最短で5営業日」で結果が伝えられ、審査を通過すれば「申込日から最短2週間」で融資が実行されます(入学資金の場合、あらかじめ合格通知書などの確認が必要になります)。

 

 

スポンサーリンク


インターネットや郵送で申し込めば、最初から最後まで日本政策金融公庫の支店に出向かずに、すべての手続きを完了することも可能です。

入学時の費用を手当したい場合は合格発表前に申込むことも可能ですので、資金が必要と見込まれた段階で、できるだけ早めに申し込むのがよいでしょう。


返済方法は原則として「毎月元利均等返済(ボーナス月増額返済や、返済金を途中で増額するステップ返済も可)」となっていますが、嬉しいことに在学期間内であれば、元金返済の据え置きができます(ただし元金据置期間は、返済期間に含まれます)。


学校に通っている間なら卒業予定の年月までは、「利息のみ返済」とすることができるわけです(卒業後は元金+利息の合計返済となります)。


ただし、この場合の本人・社会人は「現役の」社会人、すなわち「会社勤めをしている正社員(パート・アルバイトは除く)」である必要があります。

「成人していても、学生本人には申請資格がない」点には、注意が必要です。


ちなみに契約社員・派遣社員でも申込みはできるようですが、「勤続年数」が審査で要件として見られていますので、融資の承認金額への影響があるかもしれません。



行政改革の一環として、「株式会社日本政策金融公庫法」にもとづき、国民生活金融公庫は平成20年10月1日から農林公庫等と統合して「日本政策金融公庫(略称:政策公庫)」になりました。

形態もこれまでの「特殊法人」から、「株式会社」に変わりました(ただし、株式はすべて政府が保有し、いわゆる「民営化」されたのではないとの解釈です)。


日本政策金融公庫は4つの事業に分かれて運営されていますが、「国の教育ローン」は、正式にはそのうちの「国民生活事業」部門が行う「教育一般貸付」になります。


平成20年10月から、あらたに日本政策金融公庫のホームページが発足しています。


スポンサーリンク




次の記事は「「国の教育ローン」、日本政策金融公庫になった後の変更点。」です。


【関連サイト】



・本サイトの情報提供について

本サイト「国の教育ローン 知っておきたい貸付と審査の概要」は、国および民間の教育ローン関連情報の収集・整理を、お手伝いすることが目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。