国の教育ローン 知っておきたい貸付と審査の概要 の記事一覧〔サイトマップ〕



スポンサーリンク


「国の教育ローン」、審査に関わる見落としがちな注意点。


国の教育ローン」を利用するにあたって、もっとも気になるのは、自分が審査に通るかどうか、あるいは融資される金額はいくらまで可能なのか、といったことでしょう。


この「国の教育ローン」、実際の申込書類の審査は、日本政策金融公庫の支店以外にも、受託機関となる金融機関(銀行・信用金庫・信用組合・ろうきん・JAなど)の担当窓口が行っています。

 


メインバンクとして利用する金融機関の担当者を直接訪ねて、申込み書類をもらう段階で、色々と質問してみるのもよいでしょう。


審査基準は「総合的判断」となっており、審査の詳細についてはむろん教えてもらえないでしょうが、ある程度の方向感はわかると思います。


ちなみに保証は、(財)教育資金融資保証基金の保証、または連帯保証人(1名以上)のどちらかとなります。


前者の保証基金を利用する方が多いようですが、その場合は「保証料(年1.0%相当分)」が融資金額から一括で差し引かれますので、ご注意ください。



審査の結果は通常は申込をしてから、10日間前後で可否の連絡がきます。そこから口座に振込着金するまでさらに10日前後かかります。

いわゆる春先の入学シーズンなどは申込みが多くなるため、時間がかかる可能性もあるので、早めに申し込むほうがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

見落としがちなのは、学校に入学する場合の「入学金の振込期限」です。


合格通知書の到着を待ってから申込みをしているようでは、融資がOKとなったにせよ、手続き的に間に合いませんので、実務上は必要書類を合格通知書無しで(後から添付するということにします)金融機関窓口に提出し、審査を先行してもらいます。

合格通知書が届いた段階で、本契約するわけです。


ちなみに、社会人が資格試験など受験のため、会社を辞めて勉強に専念するために国の教育ローンの利用を考える場合は、「国の教育ローン」の概要。 でも触れたとおり、申請資格の限定がありますので、退職後は本人としての申請ができなくなります。

このような場合は会社を辞める前に、審査および融資の実行まで受けておくべきです。



また、言うまでもないことですが、ローンである以上、必ず約定どおりに返済していく必要があります。


もちろん、在学期間中の元金据え置きによる「利息のみの支払」を選ぶことも可能です。

ただし自ら借りる場合はもとより、直接の借入者である保護者ともよく相談・合意して、無理のない返済ができるよう、返済計画を組む必要があります。


なんのためにローンを組んでまで勉強するのか?というモチベーションが途中で萎えてしまうようでは、「借金の返済」という事実しかあなたや保護者の手もとに残らない...ということにもなりかねませんので。


スポンサーリンク




ひとつ前のブログ記事は「「国の教育ローン」、新組織での「金利」「審査条件」の今後は?」です。

記事の一覧はインデックスページで見られます。


【関連サイト】



・本サイトの情報提供について

本サイト「国の教育ローン 知っておきたい貸付と審査の概要」は、国および民間の教育ローン関連情報の収集・整理を、お手伝いすることが目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。