国の教育ローン 知っておきたい貸付と審査の概要 の記事一覧〔サイトマップ〕



スポンサーリンク


「国の教育ローン」、日本政策金融公庫になった後の変更点。


さて、「国の教育ローン」は平成20年10月から「日本政策金融公庫」の業務となったわけですが、私たちにどのような影響があったのでしょうか?


新組織への業務を移行する段階では、国の教育ローンの別名である「教育資金融資」は承継されるものの、「貸付対象の範囲を縮小して」承継される、と説明されていました。


要するに「これまでの条件ではご融資しません、多少変更しますよ」、ということですね。

 


ひっ迫する国の財政をスリム化するための「行政改革」の流れを受けて起きていることなので、それほど驚くことではありませんが、組織の移行に伴って「どのように貸付対象が変わったのか」については確認しておく必要があります。


具体的には、これまでは貸付(私たちから見た「融資」)の対象範囲は「世帯の年間収入が990万円以下(事業所得者は770万円以下)」という条件があるだけだったのですが、この「年間収入の上限金額が引き下げられ、しかも子供の人数に応じた金額設定」となりました。


ちなみにここでいう「世帯の年間収入」には、申込者の収入のみならず、配偶者のパート収入や同居父母の年金なども含まれるので、注意しましょう。


具体的には、以下の様になります(カッコ内は、事業所得者の場合)。

 

子供の人数給与所得者(事業所得者)
1人790万円(590万円)
2人890万円(680万円)
3人990万円(770万円)
4人以上「3人」の金額に、4人目以降の子供の人数1人あたり100万円ずつ
加算した金額(事業所得者の場合は、所得換算した金額)


(注1) 「子供の人数」とは、申込者が扶養している子供の人数で、年齢・、就学の有無を問わない。
また、学生本人が申込者となる場合で子供がいないときは、上記の「子供の人数1人」の金額となる。 

(注2) 「子供の人数」が2人以下で、世帯の年間収入が上記表の金額を超える場合でも、「世帯の年間収入が990万円(事業所得770万円)以内であって、次のいずれかに該当する場合」は申込が可能。

 (1) 勤続(営業)年数が3年未満
 (2) 居住年数が1年未満
 (3) 返済負担率(借入金年間返済額/年収)が30%超

   ※以下の(4) ~(6) は、平成23年4月1日から追加された要件
 (4) 借入申込人またはその配偶者が、単身赴任
 (5) 親族などが要介護(要支援)認定を受けていて、その介護に関する費用を負担している
 (6) 親族などが高額療養費制度(難病患者等の医療費)を利用していて、その療養費用を負担している

 

スポンサーリンク

ちなみにここでいう「世帯の年間収入」には、申込者の収入のみならず、配偶者のパート収入や同居父母の年金なども含まれるので、注意しましょう。


具体的には、以下の様になります(カッコ内は、事業所得者の場合)。

 

子供の人数給与所得者(事業所得者)
1人790万円(590万円)
2人890万円(680万円)
3人990万円(770万円)
4人以上「3人」の金額に、4人目以降の子供の人数1人あたり100万円ずつ
加算した金額(事業所得者の場合は、所得換算した金額)


(注1) 「子供の人数」とは、申込者が扶養している子供の人数で、年齢・、就学の有無を問わない。
また、学生本人が申込者となる場合で子供がいないときは、上記の「子供の人数1人」の金額となる。 

(注2) 「子供の人数」が2人以下で、世帯の年間収入が上記表の金額を超える場合でも、「世帯の年間収入が990万円(事業所得770万円)以内であって、次のいずれかに該当する場合」は申込が可能。

 (1) 勤続(営業)年数が3年未満
 (2) 居住年数が1年未満
 (3) 返済負担率(借入金年間返済額/年収)が30%超

   ※以下の(4) ~(6) は、平成23年4月1日から追加された要件
 (4) 借入申込人またはその配偶者が、単身赴任
 (5) 親族などが要介護(要支援)認定を受けていて、その介護に関する費用を負担している
 (6) 親族などが高額療養費制度(難病患者等の医療費)を利用していて、その療養費用を負担している


スポンサーリンク




ひとつ前のブログ記事は「「国の教育ローン」の概要。」です。

次のブログ記事は「「国の教育ローン」、新組織での「金利」「審査条件」の今後は?」です。

記事の一覧はインデックスページで見られます。


【関連サイト】



・本サイトの情報提供について

本サイト「国の教育ローン 知っておきたい貸付と審査の概要」は、国および民間の教育ローン関連情報の収集・整理を、お手伝いすることが目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。